注目キーワード
  1. 建売
  2. モデルハウス
  3. マイホーム

建売住宅のメリット〜注文住宅との違いは?

建売住宅を購入するまでの流れは、注文住宅に比べるとシンプルで分かりやすくなっています。

また、建売住宅の購入にかかる期間や費用の見通しが立ちやすいため、

購入する側としても安心感があるというのもメリットのひとつではないでしょうか?

こちらのページでは、

注文住宅と建売住宅の違いを踏まえたうえで、建売住宅のメリットを紹介していきます。

目次

 

建売住宅は購入までのプロセスがシンプル!

建売住宅はすでに完成されているものを購入するため、打ち合わせはほとんどありません。

一方で注文住宅の場合は、いちから作り上げていくわけですから、

完成するまでの間は慌ただしく過ごすことになります。

注文住宅の購入までの流れは複雑!

注文住宅の購入までの流れを、ざっくりと並べると・・・

  1. 土地の契約(土地の売主)
  2. ハウスメーカーとの契約(営業担当者)
  3. 銀行との住宅ローンの契約(銀行の担当者)
  4. 各メーカーさんのショールームを見学(各メーカーの担当者)
  5. 設計士さんとの打ち合わせ
  6. インテリアコーディネーターとの打ち合わせ
  7. 地鎮祭の準備
  8. ご近所への挨拶まわり(着工前と入居前)
  9. 各業者さんへの挨拶と差し入れ(大工さん、内装業者、電気工事の業者など)
  10. 外構工事の打ち合わせと施工(外構業者)
  11. 施主検査(ハウスメーカー)
  12. 引き渡し(各住宅設備メーカーの担当者)

こうして見ていくと、

ハウスメーカーをはじめとする業者さんとのやりとりがかなり多いことが分かります。

それぞれの担当者さんとの相性も大事になってきますし、各担当者と交わした情報も共有していてほしいもの。

これだけたくさんの方が携わる現場では、相性が合わなかったり、情報の共有がうまくいかなかったりしてもおかしくはありません。

建売住宅は購入までの流れがシンプル!

建売住宅の場合は・・・

  1. ハウスメーカーさんとの契約(営業担当者)
  2. 銀行との住宅ローンの契約(銀行の担当者)
  3. 施工主検査(ハウスメーカー担当者)
  4. 引き渡し(各住宅設備メーカーの担当者)

このように、業者さんとの打ち合わせもほとんどありません。

建売パパ
建売パパ

自分たちの建売住宅の契約の際も、お話ししたのはハウスメーカーの営業さんと銀行の担当者さんくらいなものでした!

あとは、引き渡しの時に各設備のメーカーの方から使い方の説明を受けたくらいです。

建売住宅の場合は、銀行の担当者さんとハウスメーカーの担当者さんとのやり取りがあるくらいなものなので、

そのお二方との相性さえ合えば、とても気持ちよく契約を進めることができるというメリットも!

建売住宅は期間の見通しが立ちやすい!

ここで言う期間とは、マイホームの購入を決めてから入居するまでの期間のこと!

お子様がおられる場合は特に、転校や進学のタイミングが気になるところではないでしょうか?

注文住宅は天候に左右される!

注文住宅の場合、天候によって作業が遅れるのはよくあること!

建売ママ

かといって、納期までにと急かしてしまえば、作業が雑になってしまったり、

基礎がかわかないうちに作業をしてしまったりする可能性だってあるわけです・・・

それに、注文住宅は完成までにたくさんの業者が携わるという状況では、

それぞれの工程で作業や納品に遅れが生じることはある程度は仕方のないことなのかも!

建売パパ
建売パパ

現に入居予定が遅れてしまい、その分の家賃が余計にかかってしまうというのはよくある話。

それどころか、賃貸の更新時期と重なると、更新費用が発生することもあり得るのです・・・

もし、引き渡しが遅れた場合の対応についても話し合っておいた方がよさそうですね!

注文住宅を建てる際には余裕を持って計画を立てる必要がありそうです。

建売住宅は期間に影響する事柄が少ない!

建売住宅の購入までの期間に影響するのは

  • 銀行の審査にかかる期間
  • 清掃や手直しの期間

くらいなもの。さほど大きな遅れは発生しないというのもメリットのひとつです。

建売住宅の場合、契約の時点での交渉次第では、

状況にあわせて引き渡しを早くしてもらうことも、あえて遅らせてもらうことも可能です。

建売住宅は短期間で入居できる!

建売住宅はすでに完成されているため、契約後は比較的早く入居することができます。

注文住宅は設計の打ち合わせや工事に時間がかかる!

注文住宅は、打ち合わせの期間と工期の分、契約から入居までに時間も手間もかかります。

その間の家賃は払い続けなければなりませんし、住宅ローンの返済開始が遅れてしまうというデメリットも!

建売住宅は1ヶ月半ほどで入居可能に!

建売住宅は、必要な設備さえそろっていれば、すぐに入居することができます。

オプションは、入居後に工事してもらうことも可能です。

建売住宅は、打ち合わせなどに時間や手間をかけられない方でも購入することができます!

立地条件がいい!

人気エリアでは建売住宅をよく見かけます。

早ければ完成前に売れてしまう建売住宅もあるのだとか!

空き地のうちからチェックしておいて、建売住宅の完成前に契約するという方法もあるのです。

注文住宅は土地探しがネックに!

人気エリアの土地は価格が高いうえ、建築条件付きの土地が多い印象。

なかなかいい土地が見つからないと、どこかで妥協しなければと思ってしまったり、

誰かに先を越されないうちにと焦ってしまったりする羽目に!

その妥協や焦りから、土地選びを失敗してしまうこともあるのです。

建売住宅は立地条件がいいところが多い!

特に土地自体の価格が高い割に、何らかの事情で売れにくい土地には、

ローコストに抑えている建売住宅を建てて販売するパターンが多い印象です。

その何らかの事情を把握したうえで建売住宅を購入すれば、入居後に後悔するというリスクも避けられるはず!

立地条件を重視したい方は、建売住宅も視野にいれてはいかがでしょうか?

費用の見通しも立ちやすい!

建売住宅の販売価格は、土地と建物と外構費がセット価格になっているのが一般的!

すでに完成されているものを購入するので、費用の変動もほとんどありません。

注文住宅は予算とにらめっこ!

設計や間取りの自由度が高いのが注文住宅の最大のメリット!

少しでもいい家にしようと思い、情報収集をしていると、

素敵な建具や設備に出会うことができ、ますます選択肢が広がります。

ですが、現実的には予算というものがあるはず!

気に入ったもの全てを取り入れたらあっという間に予算オーバーなんていうことも!

なかなか費用の見通しが立たないのが現実です・・・

建売住宅は金額の変動が少ない!

建売住宅はすでに完成されているため、土地と建物と外構費用は確定しています。

なので、変動があるのは、諸費用の部分のみ!

建売住宅にオプションをつければ費用はプラスされますが、

一から注文住宅を建てるのに比べると小さなものです。

住宅ローンや支払い方法も分かりやすい!

建売住宅は住宅ローンの契約も実にシンプルで分かりやすく、手間もさほどかかりません。

注文住宅は数回に分けて支払う!

注文住宅の支払いのタイミングとして一般的なものは・・・

  • 土地手付金
  • 土地契約金
  • 建物着工金
  • 建物中間金
  • 建物残代金

というように数回に分けて支払うことになります・・・

一般的には住宅資金の6~7割は完成前に支払うことになるのです。

ですが、住宅ローンが融資されるのは完成後から!

そこで、完成前の支払いのために、つなぎ融資という方法でローンを組む手段があります。

つなぎ融資で借りたお金は、完成後に住宅ローンで完済するという仕組みです。

ただ、住宅ローンに比べると金利が高く設定されていたり、保険料や手数料がかかったりといったデメリットも!

打ち合わせや工期が長引く場合は注意が必要です・・・

建売住宅は一括で支払う!

これに対して建売住宅はすでに完成しているため、住宅ローンだけで支払うことできます。

つなぎ融資を利用する必要もありませんし、それにかかる費用も発生しません。

住宅ローンが組めるのは、建物の完成後!注文住宅ではつなぎ融資が必要になることも!

完成形を見たうえで購入できる!

建売住宅の大きなメリットは、完成形を見て納得したうえで購入できること!

注文住宅は完成形が見られない!

自分たちで一から作り上げていく注文住宅は、

一見思い通りに仕上がりそうなものだと思われます・・・

ですが、現実には予算に合わせて選択していくことになるので、

完成形には理想と現実のギャップがあるようです・・

さらに、契約の時点で完成形を見ることは不可能です・・・

  • 思ったより狭かった・・・・
  • 外から見ると、窓の位置がなんか変・・・
  • 思ったよりなんか暗い・・・
  • 思っていた色合いとなんか違う・・・

そんな後悔や失敗の声もあります。

建売住宅はデザイン面の失敗は少ない!

上記で紹介した、注文住宅での後悔や失敗は

建売住宅で起こることは極めて低いものと思われます・・・

なぜなら、建売住宅は完成形を見てチェックすることができるからです!

実際に自分の目で見て購入したいという方は、

建売住宅やモデルハウスの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

値引きにリスクがない!

注文住宅の完成前の値引きは危険!

勝手に建材を安いものに変更されていたり、作業人数を減らされたりして

調整するということも現実に起こっています・・・

そうしたリスクを負わないためにも、

こちらからの値引き交渉は控えた方がいいでしょう。

建売住宅は変えようがない!

すでに完成している建売住宅に関しては、そのような心配はありません。

よって、こちらからの値引き交渉にもなんのリスクもありません。

むしろ、建売住宅は値引きのチャンスがたくさんあるんです!

プロの設計で無駄がない!

「家は3回建てないと理想通りの家は完成しない!」という話を聞いたことがあります。

であれば、たくさんの家を設計している設計士さんを信じて

全面的にお任せするという方法もアリではないでしょうか?

注文住宅はこだわりが仇となることも!

ただ、注文住宅の場合は、設計士が考える利便性やデザイン性よりも

いかに施主さんのこだわりを実現するかということに重きがおかれるわけです・・・

あまりにこだわりが強すぎると、

実際に暮らしてみたときに思ったよりも生活しづらいということも!

そのこだわりがかえって、無駄を生むことにもつながるのです・・・・

建売住宅は設計のプロがベストな間取りを考えてくれる!

建売住宅は、万人受けするような間取りやデザインが多いもの。

売れる家を作るわけですから当然ですよね?

これといった趣味やこだわりがなく、

家族構成も一般的な核家族なのであれば、

むしろ万人受けする間取りであれば充分に暮らしやすいはず!

さらにそれにプラスして、

設計士さんの経験によるアイディアが加わるとより素敵な家になることでしょう。

プロに全面的にお任せできるという意味では、
その土地で実現できるベストな間取りやデザインになることが期待できます!

お得に購入できる!

一般的に建売住宅はローコストに抑えて建てられているもの。

ですが、安さの理由はそれだけでもないようです・・・

注文住宅の方が相場が高い!

一般的に建売住宅よりも注文住宅の方が相場は高くなっています。

もちろんお金持ちが豪邸を建てるから平均値を引き上げている!

なんていう考え方もありますがそれだけではありません。

まったく同じ家でも、建売住宅の方が安くなるのです。

そのからくりは以下の通りです。

建売住宅はお得がいっぱいな理由

大量発注で建材や建具を安く仕入れるため、

安く建てられるというのが建売住宅のメリットのひとつ。

モデルハウスを兼ねている建売住宅の場合は、

いろいろなメーカーさんが「うちの商品を使ってください!」というように

商品を無償で提供してくれることもあるのだとか!

注文住宅を検討している方がモデルハウスを見て、

それに使われている商品が気に入れば、

「同じものを新居につかってほしい!」ということになるのです!

そうした意味で、いい宣伝になるため、

メーカーさんの広告宣伝費で設置できるということになります!

建売住宅にはこのようなお得な特典もあるのです。

建売パパ
ちなみに我が家の場合は、太陽光システムはサービスでした!

また、値引きのチャンスが多いというのも建売住宅のメリット!

さらにお得に購入できるチャンスが眠っているはずです!

建売住宅はメリットがいっぱい!

これまで見てきた建売住宅のメリットを振り返ると・・・

  1.  購入までのプロセスがわかりやすい!
  2. 期間の見通しが立ちやすい!
  3.  短期間で入居できる!
  4.  立地条件がいい!
  5.  費用の見通しも立ちやすい!
  6.  住宅ローンや支払い方法も分かりやすい!
  7. 完成形を見たうえで購入できる!
  8.  値引きにリスクがない!
  9. プロの設計で無駄がない!
  10.  お得に購入できる!

こんなにたくさんありました!

ただ、裏を返せば、こうした建売住宅のメリットがデメリットになってしまうことも!

建売住宅のデメリットに関しては、また別記事にまとめていきたいと思います!

注文住宅との違いを踏まえたうえで、建売住宅を検討してみてはいかがでしょうか?