注目キーワード
  1. 建売
  2. モデルハウス
  3. マイホーム

建売住宅の4つの購入パターンを解説!~完成前・完成後・中古・モデルハウス~

ひとことに

「建売住宅を購入する」と言っても、

実は選択肢や買い方はさまざま!

例えば・・・

  • すでに完成した建売住宅を購入する
  • 完成前の建売住宅を購入する
  • 中古の未入居物件として建売住宅を購入する
  • モデルハウスを建売住宅として購入する

といったパターンがあるんです。

建売パパ

こちらでは、

建売住宅を購入する際の選択肢として

上の4つのパターンを解説していきます。

①すでに完成した建売住宅を購入する

まず、最も一般的な選択肢として挙げられるのが、

「すでに完成した建売住宅を購入する」というパターン。

メリットとしては・・・

  • 完成した状態を見て契約することができるため、失敗が少ない。
  • 条件によっては値引きが期待できる!
  • 契約後、2か月ほどで入居できる!
  • 入居までのスケジュールの見通しが立ちやすい

といったところ。

デメリットとしては・・・

  • 入居までのスケジュールが忙しくなりがち
  • 工事の様子を見ることができず、手抜き工事や施工ミスが心配。

といった特徴があります。

②完成前の建売住宅を購入する

次に紹介するのは、

まだ更地だったり、工事中だったりする段階で

建売住宅を購入するというパターン。

建売ママ

人気のエリアだと、

完成前から売れてしまっている

建売住宅も結構あるんです!

完成前の段階では未公開物件として取り扱われることが多く、

まだ住宅情報サイトに掲載されていないこともあるんです。

そのため、

情報を仕入れる手段が

  1. 現地で偶然見つける
  2. ハウスメーカーさんに紹介してもらう

という風に限られてしまいます・・・

その他の特徴として、

まず、メリットとして挙げられるのが・・・

  • 交渉次第では設備やクロスが選べることも!
  • 工事の様子を見守ることができて安心!
  • 入居までのスケジュールにゆとりがあり、じっくりと準備や検討ができる!

といったところ。

これに対して、デメリットとなる部分は・・・

  • 完成形を見ないまま契約することになるため、イメージと異なることも!
  • 大幅な値引きは期待できない!
  • 契約の段階で入居時期が分かりにくい!
  • 契約から入居までの期間にあれこれ考えすぎてマイホームブルーになることも!

といったことが挙げられます。

③中古の未入居物件として購入する

新築の建売住宅には、

完成から1年が経つと新築一戸建てとして

販売することができなくなるというルールが存在します。

その際は、中古の未入居物件として

取り扱われるようになるのです。

建売パパ

なので、住宅情報サイトにも

中古住宅のページに築1年として掲載されます。

新築の建売住宅と異なる点として、

メリットとなる部分では・・・

  • 販売価格が当初よりも1割ほど値下げされることが多い!
  • さらなる値引きも期待できる!

といったところ。

デメリットとなるのは・・・

  • 売れ残り感はあるかも!
  • 次世代住宅ポイントは対象外に!

といったところではないでしょうか?

建売パパ

条件さえ合えば、新築よりも

かなりお得に購入できるかと思われます!

④モデルハウスを建売住宅として購入する

最後に紹介するのは、

展示期間の終了したモデルハウスを購入するという方法。

こうしたモデルハウスは、

大型新興住宅地に建てられることが多く、

展示していた家具や家電もついているなどの特典が

大きいのも特徴のひとつ。

建売パパ

ただ、モデルハウスということから

多くの人に間取りや販売価格が知られているということが

気になる方もいるかもしれません・・・

その他のモデルハウスの特徴として、

メリットとなる部分は次の通り!

  • プロが手掛けたおしゃれな間取りやインテリアがそのまま手に入る
  • オプションが最小限で済む
  • 注文住宅で同じものを建てるよりもお得に購入することができる
  • 条件に応じて大幅な値引きも期待できる
  • 各ハウスメーカーの標準品質以上で建てられている

といったところです。

これに対してデメリットとなるのは・・・

  • 間取りが個性的で使いにくいことも!
  • 一般的な建売住宅よりも相場はお高め!

といったところではないでしょうか?

あなたに向いている方法は?

建売住宅の4つの選択肢の特徴について、

メリットとデメリットを紹介してきました。

この中で「どれが1番いい買い方か?」

問われると答えを出すのは難しいもの。

なぜなら、それぞれの家に対する考え方や性格、希望などによって

向いている方法は異なってくると思うからです。

たとえば・・・

  • 価格重視
  • 品質重視
  • 立地条件重視
  • あれこれ考えて落ち込みやすい
  • 夫婦で好みや考え方が合わない
  • 入居まで短期間で済ませたい

などなど・・・それぞれの事情があるはずです。

これまで紹介してきた4つの方法の中で、

どの方法が自分たちの考え方や性格にあっているのかを

よく話し合って考えてみてくださいね!