注目キーワード
  1. 建売
  2. モデルハウス
  3. マイホーム

建売とは?土地に関する6つの疑問!~税金や地価について解説!

建売とは、

建売住宅の略称で、

土地と建物がセット価格で

販売されているのが特徴です。

 

こちらでは、

建売とは具体的にどのようなものなのか、

土地に関する疑問について掘り下げていきます。

建売住宅とは?土地の消費税どうなる?

 

上でも説明した通り、

 

そもそも建売とは、

基本的には土地と建物のセット価格!

 

ですが、消費税を計算する場合には

土地と建物の価格は別として考えることになります。

 

つまり、建売の販売価格のうち、

土地の部分だけは非課税となり、

それ以外の金額には消費税がかかるということになるのです。

建売とは?固定資産税が気になる・・・

土地には消費税がかからない代わりに、

固定資産税を払い続けることになります。

 

建売住宅の場合も、

住宅ローン減税があるため、

年末調整や確定申告で手続きをすることで

10年間は減税分が返ってきます。

そして、10年後には固定資産税自体が

かなり下がるとのこと!

建売パパ

ちなみに我が家は現在5年目ですが、

初年度に比べると、年間で2万円ほど下がってきました!

 

建売とは?土地の価格は分かるの?

上でも説明した通り、

そもそも建売とは、消費税の計算上、

土地と建物の価格は別として考えることになっているので、

業の担当者さんに聞けば、

土地自体の価格も教えていただくことができます。

 

見積書にも記載があるはずですので、確認してみてくださいね!

建売パパ
建売パパ

それが適正であるかどうかについては、

近隣の土地の販売価格や過去の取引実績を見ながら

計算してみると参考になりますよ!

 

建売とはどんな土地に建てられるの?

建売住宅を探していると気がつくのが、

立地条件のいい土地が多いということ!

その理由も含めて、

建売とはどんな土地に建てられるものなのかを説明していきます!

売れにくい土地

立地条件のいい土地はそれだけ販売価格も高騰するため、

かえって売れにくいことも多いのだとか!

 

そのため、格安の建売を建てて

セット価格で販売するというパターンもあるみたい!

そもそも建売とは、

変形地だったり、狭小地だったり、

何らかの事情で売れにくい土地に建てられることが

多いような印象です。

新興住宅地

また、そもそも建売とは、

モデルハウスを兼ねているということも!

そのため、新興住宅地に建てられているというパターンもあります。

このような建売は、

大手のハウスメーカーが手掛けていることも多いため、

通常の建売とは相場も変わってきます。

お高めにはなっていきますが、

同じものを注文住宅で建てるよりは

かなりお得に購入することができます。

 

建売の土地に雑草がない理由とは?

建売とは、外構も販売価格に含まれています。

そういえば、建売のお庭ってシンプルながらも

いつもきれいにしてありますよね?

建売ママ

どうして雑草ひとつ生えていないんだろうって

私もいつも思っていました。

 

これは、ハウスメーカーさんの努力の賜物。

建売とはいえ、将来的に契約する方が

畑やガーデニングも楽しめるように、

また、子どもやペットがいても安心なように

除草剤も使わずに、こまめに抜いているのだそうですよ!

 

建売パパ

これが注文住宅用の土地だったら、

ご近所さんが嫌がるくらい草が生えっぱなしのところも

多いんですが・・・・

 

そういう点では建売とは異なりますね!

そもそも建売とは、

完成形を見て気に入ってもらわないと

購入してもらえません・・・

少しでもいい状態でお客様に見てもらえるように

お庭をここまできれいにしているんです!

なので、購入後はすぐに雑草対策をしておかないと、

あっという間に雑草が生えてジャングルに!

建売パパ
すでに外構も完成している建売とはいえ、油断は禁物です。

 

 

建売建設予定の土地は購入できる?

建売住宅を多く手掛けているメーカーさんに足を運ぶと、

未公開の建売建設予定地を教えていただけることも!

交渉次第では、建売とは別に、

土地だけを購入できる可能性も充分にあります。

ですが、その際は、

建売とはいかずとも、

建築条件付きになる可能性もあること

頭に入れておいた方がいいかもしれませんね!

ただ、建売とはいえど、

着工前にすでに契約されている可能性もありますし、

作業の進捗次第では、

まだ契約者のいない建売とはいえど、

土地のみの購入は難しいこともあるかも!

建売パパ

とにもかくにも、

早めに土地の購入の意思があることだけは

伝えておいた方がいいかと思われます。

 

建売とはいえ、土地と建物は別に考えてOK!

ここまで見てきたことをまとめると・・・

建売とは・・・

  1. 土地と建物のセット価格で販売されていることが特徴
  2. 土地には消費税はかからない
  3. 固定資産税は住宅ローン減税の対象に
  4. 売れにくい土地に建てて販売されることが多い
  5. 新興住宅地にモデルハウスとして建てられることも!
  6. 土地の価格は教えてもらえるので、適正価格かというチェックも可能
  7. 外構が完成していても放置すると雑草がジャングルに!
  8. 建売の建設予定があっても、土地のみを購入できる可能性も!

といった内容でした。

そもそも建売とは、

販売価格自体は土地と建物のセット価格であることが特徴はありますが、

税金面では土地と建物は別として考えると分かりやすいかもしれませんね!